梢のモズ@葛飾

f0055184_19184244.jpg
ここは、都内でもかなり広い公園の一つで、足立区に隣接する公園ですから、年に何回かは足を運びます。渡りの季節には、色々な野鳥が観察できて面白い場所ですが、時折珍鳥も入りますから、そんな情報には耳を研ぎ澄ませていなければなりません。
今回は、コスズガモの情報で足を運んだ訳ですが、水辺にとてもたくさんのカメラマンが並んでいました。私もその一人として加えさせていただきましたが、ほとんど寝てばかりいてあまり動きのない対象でしたから、そこそこの撮影をした後、公園内を散策することにしました。
水辺に沿って移動していると、間もなく梢に飛び上がったモズを見つけることができました。水浴びでもした直後でしょうか、全身の毛がバサバサです。
f0055184_19181988.jpg
梢を飛び移りながら、餌を探しているようです。モズは、スズメ目に属する小鳥ですが、昆虫類やカエル、トカゲなどを餌としてますから、くちばしの先端がワシタカ類の様に下に曲がっているところもあいまって、小さな猛禽類とも呼ばれています。
f0055184_1918926.jpg
茂みの中に飛び込んだと思ったら、何やら昆虫類を銜えていました。
幼虫かさなぎのようにも見えますが、この状態ではどんな虫を捕まえたのか分かりません。冬の間でもこうした餌を見つけられなければ、生き延びることはできませんから、モズは立派な狩人であるといえます。
f0055184_19183116.jpg
梢に留まって翼を半開きにしたところです。初列風切に白斑があることがよく分かります。また、過眼線が黒いですが、♀の過眼線は茶色ですから、この個体は♂であることが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-26 20:22 | スズメ目
<< 今年はシロハラが多い?@葛飾 公園のコスズガモ@葛飾 >>