スギの木に飛来したカケス@調布

f0055184_19404558.jpg
2月の3連休は、それぞれ違った場所へ出かけたわけですが、山登りと野鳥観察と山野草観察にそれぞれ収穫がありました。
これは、最終日にコイカルと山野草を観察するため足を運んだ公園で、スギの木に飛来してくれたカケスです。スズメ目カラス科の鳥で全長33cmですから、大きさ的にはほぼキジバト大になります。この前日にも、足を運んだ公園でたくさん観察できたのですが、いずれも樹陰に隠れて全身がスッキリ撮影できることは殆どありません。でも、この日は、ラッキーなことに、次列風切にある綺麗な青色と黒色と僅かに白色の羽が混ざった斑模様の羽の模様まで、しっかりと撮影することができました。
f0055184_19402391.jpg
スギの木の枝に留まって、大きな声でジェイ、ジェイと鳴き始めました。濁った声で、お世辞にも美声とは言えませんが、この鳴き声が由来となって、カケスの英名は"Jay"とされています。
f0055184_19402955.jpg
さて、この個体は、胸からお腹にかけて黒褐色の羽が出ているのが分かるでしょうか?成鳥であれば、この部分が一様に薄い褐色です。おそらくこの個体は昨年生まれで成鳥になっていない状態の、第1回冬羽ではないかと思いました。
f0055184_19404082.jpg
くちばしは、黒色味のある鉛色で、脚は肉色をしてます。頭部は胡麻塩頭ですが、顔面は黒色です。その中に白い虹彩の眼がありますから、とても特徴のある顔つきであるといえます。
[PR]
by coffeeto | 2013-02-19 20:22 | スズメ目
<< アシ原のクイナ@葛飾 公園にいたコイカルとイカル@調布 >>