一瞬のウグイス@さいたま

f0055184_2057168.jpg
この日は、キクイタダキの写真を撮りたくて公園に足を運んでいました。群れの出現を待っていたところ、茂みの中に思いもかけずウグイスが飛び込んできてくれました。反射的にカメラを向けてシャッターを押したのですが、4コマ撮影したところで飛び去ってしまいました。
瞬間的な出来事でしたが、運よくオートフォーカスが利いてくれましたから、何とかピントの合った写真が撮影できました。
f0055184_20571879.jpg
ウグイスは、繁殖期を中心に山へ行くと、あの見事なほどの「ホーホケキョ」という美しいさえずりを聞かせてくれます。でも、冬の今の時期は里に降りて茂みの中で越冬していますから、ほとんど姿を見ることがありません。時たま「チャチャ、チャチャ」と笹鳴きと呼ばれる地鳴きの声を聞かせてくれますから、その存在が分かる程度です。
f0055184_20572983.jpg
背面は一様に褐色で、これといった特徴はありません。雌雄同色ですが体の大きさが異なり、♂は♀より一回り大きいですから、♂と♀が一緒にいる時には雌雄の識別は容易にできます。でも、単独で出た時には全く識別不能ですね。
f0055184_20573182.jpg
この個体は、過眼線が割合濃く出ていることが分かりますが、残念ながらこれをもって♂か♀かの判断はできません。その代り、一緒にいる時に比較すると、♂のくちばしは♀より長めであることが分かります。また、♀はちょっと脚が短めに見えます。(感覚的ですが....)
[PR]
by coffeeto | 2013-01-30 21:18 | スズメ目
<< 谷中湖のカワアイサ@渡良瀬 林陰のソウシチョウ@さいたま >>