地面で採餌するシロハラ@さいたま

f0055184_221228.jpg
先週、関東地方に降った雪がまだ消えず、所々残っています。この日、足を運んだ公園で、朝早い時間帯でしたが、地面に降りて採餌活動中のシロハラを見つけました。
f0055184_22115855.jpg
このシロハラの背面に注目すると、各羽の羽縁に白っぽい羽縁があって、鱗状に見えます。そのほかの羽衣は、黄色いアイリングがあることを含めて成鳥と変わりませんが、この個体は第1回冬羽であると思われます。
f0055184_22144744.jpg
地面に降りて何を採餌しているのかと思ったら、ジャノヒゲの青い色の実をくわえています。先ほどから熱心に採餌していたのはこの実であることが分かりました。
f0055184_22121134.jpg
ジャノヒゲの青い実を飲み込んだところで、口を半開きにしている状態です。普段は、ミミズ類や昆虫類などを採餌していますが、餌の乏しい冬の時期は、植物の実も餌としているのですね。
f0055184_22121573.jpg
シロハラは冬鳥として観察できる大型ツグミの仲間です。大陸で繁殖して、越冬のために我が国へ渡ってきます。全長25cmとされていますから、ツグミとほぼ同じ体型をしています。
[PR]
by coffeeto | 2013-01-27 22:41 | スズメ目
<< 林陰のソウシチョウ@さいたま 落ち着きのないキクイタダキ@さいたま >>