アオジのアイリング@北本

f0055184_22314735.jpg
アオジは、夏の高原では爽やかなさえずりを聞かせてくれますが、冬の今の時期は里に下りて越冬する、典型的な漂鳥のひとつです。昨年も戸隠森林植物園でノジコとともに、高らかなさえずりの競演を楽しませてもらいましたが、さえずりだけで両者を聞き分けるのは難しいですね。
ノジコとアオジの識別ポイントになるのは、胸から腹にある縦斑と白いアイリングの有無だと一般的には言われています。でもどうでしょうか?
この個体は、アオジ♂の成鳥冬羽と思われれますが、脇腹の縦斑とともに明瞭なアイリングが認められます。
f0055184_22315867.jpg
こちらは、同じ公園内で撮影したアオジ♂ですが、目先が黒くなっているところから成長夏羽であると思われます。このような羽衣であれば、問題なくアオジであると言えるのでしょうが、たまたま近くで撮影した個体を見比べると、疑問が生まれてきました。
f0055184_22314779.jpg
正面から撮影すると、目先は確かに黒くなっていますが、胸の縦斑はあまり明瞭には出ていません。したがって、冬羽から夏羽へ移行途中の状態ではないかと思います。でも、今の時期から夏羽へ換羽を始めるとは、ずいぶん気が早い個体ですね。
f0055184_2231364.jpg
白いアイリングのあるアオジを側面から撮影したものですが、脇腹の縦斑が明瞭に出ています。全体的にもう少し淡くて褐色味があれば、ノジコ♀の成長夏羽に見えるのではないかと思いますが、黄色の明瞭な額線はアオジであることを主張していると思います。
f0055184_22312548.jpg
さてこのアオジ君、そんな疑問を感じ取ってかどうか、小首を傾げて感慨深げです。 ......胸に明瞭な縦斑がないし、白いアイリングがあるし....もしかしたら、自分はノジコだったのでは......?
などと思ったかどうかわかりませんが、警戒のためにちょっと上空を振り仰いだところです。
f0055184_22313567.jpg
背面が見える状態で撮影できたものですが、図鑑で確認するとノジコは大雨覆と中雨覆の羽縁に白い羽があって、2本の翼帯に見えるようですが、この個体にはそんな羽衣が認められません。また、この角度からは、淡い眉斑が後頸まで続いていることが分かります。
今回は、自然観察公園のアオジでずいぶん楽しませてもらいました。
[PR]
by coffeeto | 2013-01-18 18:00 | スズメ目
<< ヤマガラが近い@北本 公園で観察したシジュウカラ@北本 >>