自然観察公園のジョウビタキ@北本

f0055184_21321745.jpg
北本自然観察公園に足を運んだところ、アシ原でジョウビタキが出迎えてくれました。
f0055184_21321030.jpg
これはジョウビタキの♂の個体です。頭部は銀灰色ですが、顔面と背面は黒色です。また、胸、腹、下尾筒がオレンジ色というとてもコントラストが利いた羽衣をしています。また、風切羽にある大きな白斑もジョウビタキ♂の特徴です。
f0055184_21322483.jpg
この日は、とても冷え込んだのですが、快晴のとても良いお天気で、ジョウビタキの色合いがとても綺麗にに出てくれました。
f0055184_2142176.jpg
ここのジョウビタキは、散策路の脇のアシ原で、あまり人を警戒することなく、元気な姿を見せてくれました。
f0055184_2132462.jpg
こちらは、子供公園の近くで観察した個体です。寒さに耐えるように、羽毛を思いっきり膨らませていました。
f0055184_2131578.jpg
どうですか、このゴムまりのように膨らんだ体型は.....厳しい自然を生き抜くために、精一杯体を膨らませて寒さに耐えています。
f0055184_2131117.jpg
さて、こちらは自然学習センターのすぐ脇で撮影したものです。ノイバラの実を狙って飛来しました。
f0055184_21311369.jpg
ジョウビタキは、昆虫食の鳥であるという印象が強いのですが、昆虫類の少ない冬の時期は、このように植物の実も餌としています。
f0055184_21313624.jpg
こちらは、やはり北本自然観察公園で撮影したジョウビタキの♀の個体です。全身が褐色の羽で覆われていて、♂の個体のような艶やかさがない地味な羽衣をしています。
f0055184_21314367.jpg
この個体も、寒さに耐えるために羽衣を膨らませています。白いアイリングと相まって、とても可愛らしい印象です。
[PR]
by coffeeto | 2013-01-13 22:18 | スズメ目
<< 越冬中のシメ@北本 休耕田のタシギ@横浜 >>