高原の野鳥達@富士山麓

f0055184_144625.jpg
富士山麓の朝霧高原にある東海自然遊歩道を歩いていると、周囲の地面で餌を探していた小鳥たちが一斉に飛び上がりました。この草原は、鳥達の格好の餌場となっているようです。そんな採餌のひと時を邪魔されて、茂みに舞い上がったのは、お腹が赤茶色のホオジロでした。
白い顔面に黒い過眼線と顎線が独特の風貌を見せてくれたのは、♂の個体です。
f0055184_1441350.jpg
こちらも採餌中の草原から群れで舞い上がったカシラダカです。かなりの個体数が舞い上がりましたから、どこに視線を移せばよいのか迷ってしまいます。冠羽をちょっと立てているところがカシラダカの名前の由来となっているのでしょうか?
ホオジロと違って、お腹は白色ですが、喉から胸にかけて茶褐色の縦斑が逆三角形の涎掛けのような模様を見せてくれています。つぶらな瞳が可愛いですね。冠羽と過眼線に黒色味がないところから♀の個体であると思われます。
f0055184_1441923.jpg
脇腹に赤茶色の縦斑が認められますが、全体的にホオジロより白っぽい色合いをしています。
f0055184_1442529.jpg
こちらは、西湖のほとりを歩いている時に、群れで飛来してくれたコガラです。シジュウカラ科の小鳥になりますが、割合標高の高いところで生息しています。ここでは、シジュウカラのほか、ヤマガラやヒガラとともに混群を作っていました。
f0055184_1443290.jpg
西湖野鳥の森公園の園内の散策路を歩いていた時、葉をすっかり落とした樹林の枝にキジバトが羽を休めていました。寒さに備えるためでしょうか、体中の羽を膨らませて日向ぼっこをしているようでした。
f0055184_1443875.jpg
この公園では、ヤマガラが一番元気に飛び回っていました。ギャラリーの脇に備え付けられた餌台に飛び込む前に、陽の当たる枝先に留まってくれました。その視線の先には餌台のヒマワリの種をしっかり捉えていました。
f0055184_1444462.jpg
ギャラリー脇の高い木の枝に群れで飛来した鳥がいました。慌ててカメラを向けるとなんとスズメの群れでした。町中で繁殖するスズメは群れを作ることがありませんが、秋から冬にかけては、このように群れを作って生活をしています。
[PR]
by coffeeto | 2012-12-31 20:33 | スズメ目
<< 山頂の手乗りコガラ@大岳山 ヤマガラ@富士山麓 >>