ハヤブサの飛翔@見沼

f0055184_19353026.jpg
11月11日(日)に、埼玉県の芝川第一調節池で足立・自然にふれあう会(通称:あしだち)の定例探鳥会が実施されました。広大なアシ原に、冬鳥たちが集まってきているだろうと期待しながら参加してきました。
これは、当日撮影することができたハヤブサです。
f0055184_19355922.jpg
ハヤブサは、タカ目ハヤブサ科に属する猛禽類です。たまたま近くを飛翔してくれました。黒褐色の斑が頭部と顎鬚のように見えます。くちばしの基部は黄色で、脚はオレンジ色をしていることが分かります。脇腹に黒褐色の横斑が顕著に認められます。かなりくっきりしていてふと眼ですから、この個体は成鳥の♀であると思われます。
f0055184_19361979.jpg
図鑑によれば、ハヤブサの成鳥♀は全長49cmで、♂の全長は42cmとされていますから、♀の方が一回り大きい体形をしていることが分かります。この個体は、初列風切と次列風切の間の1枚が欠損していることが分かります。
f0055184_19361053.jpg
飛翔中に連続撮影させてくれたハヤブサが遠ざかって行きます。
あしだちの探鳥会は、芝川第一調節池をぐるっと一周するコースで実施されましたが、このハヤブサは鉄塔の上部に留まって羽を休めていましたが、時々このように飛翔する姿も見せてくれました。
[PR]
by coffeeto | 2012-11-18 19:54 | タカ目
<< アシ原のチュウヒ@見沼 荒川大麻生公園の野鳥@熊谷 >>