蓮田にいたシギの仲間 ~ その4 (タシギ、アオアシシギ)

f0055184_20425736.jpg
あしだちのつなさんと二人で訪れたこの蓮田では、タシギも観察することができました。全長26cmのジシギの仲間です。ジシギは識別が大変難しいのですが、くちばしはタシギが一番長いですから、これが識別の有力な要素になります。
f0055184_20425835.jpg
タシギの一番の識別ポイントは、次列風切の羽先の白いバンドが広く認められるところです。これが確認できれば容易に識別できると思います。しかし、渡りの時期に羽を広げていない個体を観察した場合には、その識別は難しいです。それを見分けることが、マニアックで面白いのですが、最近はそんな気力もちょっと萎えてきました。
f0055184_20432353.jpg
同じ田んぼで、アオアシシギも観察することができました。全長32cmですから、割合大型のシギの仲間になります。私は、シギの中では、このアオアシシギが好きで、見られるととても幸せな気持ちになります。
f0055184_20431944.jpg
ここでは、2個体が一緒に行動していました。他にはセイタカシギ、オグロシギ、ツルシギもいましたが、やはり一番気になるのはこの2個体の動きでした。
f0055184_20433368.jpg
この2個体は、いずれも背面の各羽に白い羽縁が認められますから、今年生まれの幼鳥になると思われます。くちばしがちょっと太めで上に反っているところもアオアシシギの特徴になります。
[PR]
by coffeeto | 2012-09-26 21:04 | チドリ目
<< あしだち探鳥会@三番瀬 田んぼで見つけたチョウゲンボウの♀ >>