乗鞍岳のウソ

f0055184_21343294.jpg
乗鞍岳のハイマツ地帯でライチョウの出現を待っていた時、フィーッ、フィーッと鳴く声が聞こえてきました。声をする方向を確認したところ、ハイマツの上にウソ♂が留まっていました。
f0055184_2135349.jpg
ハイマツの上に留まっていた嘘♂が飛び立ちました。とっさに撮影した飛翔写真です。
f0055184_21345463.jpg
ウソは、全長16cmのアトリ科の鳥です。平地では、冬の間に確認できますすが、夏の間は高山で過ごす漂鳥です。
f0055184_21352442.jpg
こちらは、行動を一緒にしていた個体ですが、頭部に黒色味が全くないところから、ウソの幼鳥と思われます。
f0055184_2135115.jpg
ウソの成鳥は頭が黒く、喉と頬は紅色をしています。胸から腹は灰色をしていて、プックリした体型をしています。
[PR]
by coffeeto | 2012-08-31 22:15 | スズメ目
<< 乗鞍岳のホシガラス 乗鞍岳のカヤクグリ >>