乗鞍岳のイワヒバリ

f0055184_2182086.jpg
8月26日(日)の早朝に、シャトルバスで畳平のバスターミナルに到着して、そのまま一路乗鞍岳の山頂を目指すことにしました。畳平に隣接する鶴ヶ池の脇の登山道を歩いていた時、早くもイワヒバリが出迎えてくれました。
f0055184_214502.jpg
鶴ヶ池の脇に出たこの個体は、よく見ると水色と赤色の足環をつけていました。誰が、何の目的で付けたものかは分かりませんが、イワヒバリの生態について研究されている方がいるものと思います。
f0055184_215023.jpg
乗鞍岳の山頂の下に権現池という、日本で最も高いところに存在する池があります。その池をすぐ間近に見下しながら、登山道を登っていた時、溶岩礫が積み重なる山肌に、イワヒバリの群れが飛来しました。
これは、イワツメクサの群生の脇で餌を探しているイワヒバリです。
f0055184_2145181.jpg
山肌で、ポーズをとってくれました。この日は、一脚の先にオリンパスの50㎜-200㎜ズームレンズをつけたE-5を載せていたほか、サブカメラとしてE-M5に12-50㎜をつけて担いで登っていました。通常の登山用品を詰めたザックを担いでいたほか、カメラ機材だけでも3kgは余分にありましたから、かなりの負担になりました。
f0055184_2151145.jpg
山肌に飛来したこの個体は、胸に縦斑が認められることから、今年生まれの幼鳥であることが分かります。
[PR]
by coffeeto | 2012-08-29 21:47 | スズメ目
<< 乗鞍岳のカヤクグリ 乗鞍岳でライチョウをゲットしました。 >>