コマドリ再び

f0055184_1958013.jpg
先日足を運んだポイントでコマドリを観察することができましたが、撮りっぱなしで整理していない写真がたくさんあったので、あまり遅くならないうちにと思い、ここで整理して紹介することにしました。
f0055184_19582482.jpg
この日は、晴れて天気が良かったので、明るいシチュエーションで撮影することができましたが、何といっても眼にキャッチライトが入ってくれているところが嬉しい写真になりました。
f0055184_19583237.jpg
前回紹介した写真は、いずれも午後の遅い時間に撮影したものばかりでしたが、今回紹介する写真は、翌日の朝から午前中に撮影したものです。十分な光が当たっていましたから、羽毛の詳細まで解像できる写真を撮ることができました。
f0055184_19585055.jpg
枯れ木に留まって、声高らかに囀りを始めてくれました。
ヒンカラカラカラ....と囀る声は、何度聞いても爽やかな気分にさせてくれます。
f0055184_19585623.jpg
コマドリは、全長14cmのツグミの仲間になります。主に地上に降りて餌取りをする習性がありますから、ヒタキ科の鳥に比べると脚が長いところが特徴になります。
f0055184_19575117.jpg
コマドリは、オオルリ、ウグイスとともに日本三鳴鳥とされています。確かに囀る声を聴くと美しいと思いますが、こうしてその姿を目の当たりにすると、頭部から胸にかけてのオレンジ色の色合いがとても美しいと思います。
[PR]
by coffeeto | 2012-06-05 20:32 | スズメ目
<< 戸隠森林植物園のコルリ コサメビタキの巣作り >>