梢のノジコ

f0055184_2112623.jpg
梢から爽やかな囀りの声が響いてきました。探してみると、胸からお腹にかけて一様に黄色い色合いで、白いアイリングがある、ノジコの姿を見つけることができました。
f0055184_2112612.jpg
頭部から後頭にかけては黄緑褐色で、背面には黒褐色の明瞭な縦斑があります。風切羽は赤味のある褐色で、雨覆いに2本の白色の羽縁がよく目立ちます。
f0055184_2111504.jpg
この辺りには、アオジがたくさんいてよく囀っていますが、ノジコもとてもよく似た囀りの声を響かせていました。
f0055184_21122277.jpg
梢でしばらく囀った後、笹薮に飛び込んで、餌取りをしているのでしょうか、中に潜り込んでいきました。
f0055184_21113364.jpg
ノジコは、夏鳥として渡ってくる全長14cmのホオジロ科の小鳥です。
雨覆いの先端には、白い羽縁がよく目立ちます。くちばしは、肉色味のある灰黒色をしています。
f0055184_21114980.jpg
同じ仲間のアオジは胸から脇腹にかけて黒褐色の縦斑が目立ちますが、ノジコにはそんな縦斑がありません。
[PR]
by coffeeto | 2012-05-29 21:41 | スズメ目
<< 繁殖するアカハラ ミソサザイの囀り >>