親水公園のキセキレイ

f0055184_21221195.jpg
チョウゲンボウが繁殖すると教えていただいた場所には、ちょっと魅力的な親水公園がありました。私にとって、こんな感じの場所はとても気持ちをそそられますから、すぐに散策することにしました。そこで真っ先に出迎えてくれたのはこのキセキレイでした。
この個体は、初列風切に褐色味のある羽が混じっていますから、第1回冬羽の個体になると思われます。
f0055184_2122408.jpg
この個体は、初列風切がかなり黒色になっていますから、成鳥冬羽であると思われます。チチン、チチンと澄んだ声で鳴くところがキセキレイの特徴です。
f0055184_21222739.jpg
水辺の草むらで羽を休めるこの個体は、初列風切に褐色味がありますから、やはり第1回冬羽の個体になると思われます。おもに水生昆虫を餌として採食しています。
f0055184_2122522.jpg
これも、第1回冬羽の個体になると思われます。夏羽になると♂は喉元が黒くなりますが、冬羽だと雌雄の区別はつけにくくなります。ハクセキレイの成鳥冬羽♂は背面に黒色の羽が出ますが、キセキレイでは♂も♀も背面は一様に灰色であるようです。
[PR]
by coffeeto | 2012-02-20 22:36 | スズメ目
<< 樹上のコサギ チョウゲンボウの♂と♀ >>