茂みから出てきたアオジ

f0055184_21361984.jpg
茂みから開けた場所へ飛び出してきた鳥がいましたから、慌てて双眼鏡を当ててみると、アオジのようでした。頭部が暗緑黄色のこの個体はアオジの♂になると思われます。
f0055184_2136591.jpg
このアオジの♂君は、少し開けた場所でエサ探しをしていましたが、何やら美味しそうな草の実を見つけて、銜えこんだところです。
f0055184_21362944.jpg
さて、こちらの個体は上の個体に比べると頭部の色合いが淡いように感じられます。アオジの成鳥冬羽になると思われます。顎線が明瞭な黄色であることと、眉斑が黄褐色で出ているこれも♂の個体であると思われますが、羽衣の色合いが少し薄い個体になると思われます。
f0055184_21363565.jpg
アオジは、全長16cmのホオジロ科の鳥になります。東京周辺では漂鳥で、夏は山で繁殖しますから、冬の間だけ観察できます。
[PR]
by coffeeto | 2012-02-12 21:56 | スズメ目
<< 春を待つホオジロ 公園のシメ >>