人馴れしたヤマガラ

f0055184_20381662.jpg
公園の散策路を歩いていると、すぐ脇にヤマガラが遊んでいました。
ここのヤマガラは人馴れしているせいか、近寄ってもあまり警戒していませんから、割合近くから撮影させてくれました。
f0055184_2039539.jpg
ヤマガラは、シジュウカラの仲間です。東京周辺では留鳥ですから、1年を通して観察することができます。ニィニィニィと鳴く声が、カラ類の中でもヤマガラのトレードマークでしょうか。クリクリした眼と短めのくちばしもヤマガラにお似合いの特徴です。
f0055184_20383744.jpg
全長14cmとされていますから、シジュウカラよりやや小さい体形です。頭部と喉は黒色ですが、頬はクリーム色です。背面は青灰色で胸からお腹にかけてはレンガ色をしています。この個体は地面に降りて、植物の実などを探していました。
f0055184_20382361.jpg
餌となる美味しそうな木の実を見つけると、くちばしに銜えて木の枝に飛び上がりました。このように木の実を脚で押さつけて、くちばしでコンコンとつつきながら食べていました。白い頭央線があるのがよく分かります。
[PR]
by coffeeto | 2012-02-07 21:22 | スズメ目
<< 公園のシメ 木の根元のアリスイ >>