ルリビタキは幸せの青い鳥

f0055184_2125125.jpg
公園で小鳥の出現を待っていたところ、思いがけず青色の美しい小鳥がすぐ近くに飛来してくれました。頭部から背面にかけての青色が美しいルリビタキです。
チルチルミチルの青い鳥は、このルリビタキを指しているということを聞いたことがありますが、年初に青い鳥に出会えたことで、本年が良い年になることを期待します。
f0055184_21242670.jpg
この公園では、昨年もルリビタキの美しい姿を撮影できた思い出の場所でしたから、再会を期待して今年も足を運んでみたわけですが、運良く出会うことができました。
f0055184_21243510.jpg
ルリビタキは全長14cmですから、スズメとほぼ同大です。背面は青色ですが、脇腹のオレンジ色がよく目立ちます。尾羽も青色であることが分かります。
f0055184_21245195.jpg
繁殖期は亜高山帯の林で繁殖しますが、冬の間は里に降りて縄張りを作って越冬する漂鳥です。喉元からお腹にかけては白い羽で覆われていて、脚は黒色であることが分かります。
f0055184_21251015.jpg
枯れ枝の枝先に留まりました。この場所が好きなようで、ここで観察している間に何回も留まってポーズをとってくれました。
[PR]
by coffeeto | 2012-01-04 21:59 | スズメ目
<< 枝先のコゲラ タカの仲間のトビ >>