ヒガラの水浴び

f0055184_2041593.jpg
山の水場で腰を据えて観察していると、色々な鳥が集まってきてくれます。これは、シジュウカラの仲間のヒガラですが、水浴びのために近くの枯れた木に止まってくれました。雨覆に2本の白帯が認められないことと、初列風切が褐色であるところから、若鳥であることが分かります。
f0055184_20411223.jpg
ヒガラは全長11cmですから、シジュウカラの仲間の中でもひときわ小さい鳥になります。ツピツピツピととても速いテンポで鳴きますから、声だけでもシジュウカラの鳴き方と違うことが分かります。
f0055184_20411826.jpg
水浴びをして、濡れネズミ状態となったところです。
f0055184_20412427.jpg
ヒガラは、留鳥または漂鳥として年間を通して観察することができますが、やはり山地で観察することが多いと思います。
[PR]
by coffeeto | 2011-07-12 21:37 | スズメ目
<< ヤマガラも水浴び アオバズクの相互羽づくろい >>