渓流のミソサザイ

f0055184_2157433.jpg
三頭山都民の森を、同行した職場のSさんご夫妻とともに渓流に沿って登っていくと、ミソサザイの元気な声が聞こえてきました。近くにいることは分かりましたが、中々その姿を撮影することはできません。やっと、近くの岩の上に飛び上がってくれましたから、この日初めてその姿をゲットすることが出来ました。
f0055184_21574850.jpg
大きなさえずりの声がする場所で暫く待ち構えていたところ、餌をくわえたミソサザイが姿を現せてくれました。きっと近くで営巣しているのでしょう。雛に与えるための餌をくわえているものと思います。
f0055184_215814.jpg
でも、このミソサザイは一直線に営巣場所に向かうと思いきや、もっと餌を探しているのか苔むした枯れ木と岩が交じり合う渓流脇で、色々なポーズを見せてくれました。
f0055184_2158781.jpg
ミソサザイは全長11センチの小さな鳥ですが、そのさえずりの声はとても大きく渓流に響き渡ります。
全身が茶褐色ですが、羽には黒褐色の横斑が出ています。この写真のように、尾羽を立てて、腰を振りながらあちらこちらを歩き回っていました。
[PR]
by coffeeto | 2011-06-01 22:09 | スズメ目
<< オオルリ第2回夏羽 キノコで餌を獲るアカゲラ >>